• 5種の厳選スーパーフード の野菜&フルーツを使用。

ケール「キング・オブ・緑黄色野菜」

βカロテンをはじめビタミンE,Cなど抗酸化作用(老化防止)が強い成分がたっぷり

β-カロテン、ビタミンE、ビタミンC、ミネラルが豊富に含まれています。β-カロテンは葉の部分に多くて100g中2900μg[*1]も含まれます。また、ビタミンEはブロッコリーと同じ2.4mg、ビタミンCは81mgといずれも野菜の中ではトップクラスとなっています。カルシウムは一般的な乳飲料より約1.46倍[*2]含まれています。食物繊維も豊富に含まれています。
※[*1] 五訂増補日本食品標準成分表(本表)可食部100g当たり。
※[*2] ケール100g中のカルシウムは200mgとして計算。乳飲料100g(96.5ml)中のカルシウムは100mgとして計算。栄養価は「五訂増補日本食品標準成分表(本表)」より。

アルファルファ

必須アミノ酸の含有量は大豆以上

アルファルファは、とても栄養価の高い野菜で含まれている必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素や成分もほかの野菜と比べて群を抜いています。 また、水分と一緒に体内の毒素や老廃物を排出する働きもあるので、デトックス効果が見込めるほか、新陳代謝も活発になり、美肌効果も期待されます。 そして、食物繊維も多く含まれているので、腸内で水分を取り込んで膨張します。 これにより腸が刺激され、お通じの改善に繋がります。

燕麦(オートミール)

ヘルシーフードに大人気

燕麦は非常に栄養価が高く、現在話題のオートミル、グラノーラにも使われています。 その栄養価は日本人の主食である白米と比較すると食物繊維は約20倍、鉄分は約5倍、カルシウムは約10倍 などのように非常に栄養価の高い穀物といえます。 代表的なものとして、リラクゼーション効果や総コレステロール値を下げる効能や血糖値を下げる効能があり、肉体疲労の改善や病後の衰弱回復促進効果などの効果が期待できます。

グァーガム

腸の働きに欠かせない成分

天然の増粘剤でトロミがあります。また、オリゴ糖と同じ腸内で善玉菌のエサとなり、 腸内環境を整えます。また、コレステロールを下げたり、血糖値の上昇を抑えたりなど、体の健康維持に関わっています。 腸に関しては、腸内を弱酸性に保つことにより、悪玉菌が増えるのを抑え、さらに、腸を刺激してぜん動運動を良くして、自然な排便を促します。こうしてさまざまな作用で、腸の健康を保ち、便通を整えます。

リンゴ

健康・美容に欠かせない成分

ビタミンA、β-カロテンが多く含まれ、ペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは水に溶けるとゼリー状にかたまるため、便秘のときは、水分のなくなった便をやわらかくして排便をうながし、下痢のときは、ゼリー状の膜になって腸壁を守ります。コレステロール値の上昇を抑え、動脈硬化の予防にも役立ちます。さらに、乳酸菌などの腸内の善玉菌を増殖させます。乳酸菌は悪玉菌を退治するほか、腸のぜん動運動をうながすので下痢や便秘を改善したり、発がん物質の発生を抑えたりする効果が期待できます。
  • 「カラダに欠かせない大切な栄養成分。 野菜不足を1袋で食物繊維4,734mg分も補える。
  • 食物繊維のちから. . .
    食物繊維には大きく分けて2種類があります。水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維です。それぞれ異なる働きあります。不溶性ばかり摂っていると便が硬くなってお腹が張ってしまうことがあるので、バランス良く摂るよう心がけましょう。理想的な摂取の割合は不溶性2:水溶性1です。

    1)  不溶性食物繊維

    腸内の水分を吸収して膨らみ腸を刺激して便通を促進します。 不溶性の食物繊維を多く含む食品はサツマイモ、ゴボウ、アーモンドなど

    2)  水溶性食物繊維

    粘性があり水に溶けるとゲル状に変化し胃腸内をゆっくり移動するので、満腹感が得られ食べ過ぎを防げます。糖質の吸収をゆるやかにし、血糖値の急上昇を抑える働きやコレステロールを体外に排出する効果もあります。 水溶性の食物繊維を多く含む食品は海藻、きのこ、アボガドなど
  • 日常の食事にプラスすると、
    腸内環境がよくなります。
  • 5種の厳選スーパーフード の野菜&フルーツを使用。

ケール「キング・オブ・緑黄色野菜」

βカロテンをはじめビタミンE,Cなど抗酸化作用(老化防止)が強い成分がたっぷり

β-カロテン、ビタミンE、ビタミンC、ミネラルが豊富に含まれています。β-カロテンは葉の部分に多くて100g中2900μg[*1]も含まれます。また、ビタミンEはブロッコリーと同じ2.4mg、ビタミンCは81mgといずれも野菜の中ではトップクラスとなっています。カルシウムは一般的な乳飲料より約1.46倍[*2]含まれています。食物繊維も豊富に含まれています。
※[*1] 五訂増補日本食品標準成分表(本表)可食部100g当たり。
※[*2] ケール100g中のカルシウムは200mgとして計算。乳飲料100g(96.5ml)中のカルシウムは100mgとして計算。栄養価は「五訂増補日本食品標準成分表(本表)」より。

アルファルファ

必須アミノ酸の含有量は大豆以上

アルファルファは、とても栄養価の高い野菜で含まれている必須アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養素や成分もほかの野菜と比べて群を抜いています。 また、水分と一緒に体内の毒素や老廃物を排出する働きもあるので、デトックス効果が見込めるほか、新陳代謝も活発になり、美肌効果も期待されます。 そして、食物繊維も多く含まれているので、腸内で水分を取り込んで膨張します。 これにより腸が刺激され、お通じの改善に繋がります。

燕麦(オートミール)

ヘルシーフードに大人気

燕麦は非常に栄養価が高く、現在話題のオートミル、グラノーラにも使われています。 その栄養価は日本人の主食である白米と比較すると食物繊維は約20倍、鉄分は約5倍、カルシウムは約10倍 などのように非常に栄養価の高い穀物といえます。 代表的なものとして、リラクゼーション効果や総コレステロール値を下げる効能や血糖値を下げる効能があり、肉体疲労の改善や病後の衰弱回復促進効果などの効果が期待できます。

グァーガム

腸の働きに欠かせない成分

天然の増粘剤でトロミがあります。また、オリゴ糖と同じ腸内で善玉菌のエサとなり、 腸内環境を整えます。また、コレステロールを下げたり、血糖値の上昇を抑えたりなど、体の健康維持に関わっています。 腸に関しては、腸内を弱酸性に保つことにより、悪玉菌が増えるのを抑え、さらに、腸を刺激してぜん動運動を良くして、自然な排便を促します。こうしてさまざまな作用で、腸の健康を保ち、便通を整えます。

リンゴ

健康・美容に欠かせない成分

ビタミンA、β-カロテンが多く含まれ、ペクチンが豊富に含まれています。ペクチンは水に溶けるとゼリー状にかたまるため、便秘のときは、水分のなくなった便をやわらかくして排便をうながし、下痢のときは、ゼリー状の膜になって腸壁を守ります。コレステロール値の上昇を抑え、動脈硬化の予防にも役立ちます。さらに、乳酸菌などの腸内の善玉菌を増殖させます。乳酸菌は悪玉菌を退治するほか、腸のぜん動運動をうながすので下痢や便秘を改善したり、発がん物質の発生を抑えたりする効果が期待できます。
  • 「 カラダに欠かせない大切な栄養成分。
    野菜不足を1袋で食物繊維4,734mg分も補える。  」
  • 食物繊維のちから. . .

    食物繊維には大きく分けて2種類があります。水に溶ける水溶性食物繊維と水に溶けない不溶性食物繊維です。それぞれ異なる働きあります。不溶性ばかり摂っていると便が硬くなってお腹が張ってしまうことがあるので、バランス良く摂るよう心がけましょう。理想的な摂取の割合は不溶性2:水溶性1です。

    1)  不溶性食物繊維

    腸内の水分を吸収して膨らみ腸を刺激して便通を促進します。 不溶性の食物繊維を多く含む食品はサツマイモ、ゴボウ、アーモンドなど

    2)  水溶性食物繊維

    粘性があり水に溶けるとゲル状に変化し胃腸内をゆっくり移動するので、満腹感が得られ食べ過ぎを防げます。糖質の吸収をゆるやかにし、血糖値の急上昇を抑える働きやコレステロールを体外に排出する効果もあります。 水溶性の食物繊維を多く含む食品は海藻、きのこ、アボガドなど
  • 日常の食事にプラスすると、
    腸内環境がよくなります。